« 部族ライブ2007にて | トップページ | 静かなまぼろし »

2007年10月29日 (月)

部族ライブのセットリスト

感動のライブから1週間が過ぎ、バイオリズムは低下してしまったのか・・・?風邪はこじらせてしまうし、先週の土曜日は自宅近所の線路にヘリコプターが墜落してくるし・・・。

さて、部族のツチGさんから10/20、横須賀のヤンガーザンイエスタデーで開催された「部族ライブ2007」のセットリストを教えていただきました。部族のホームページでも見れます。

JULIET
 1. All Right Now
 2. Ride On Pony
 3. Be My Friend
 4. Fire And Water
 5. Station Man
 6. Little Wing
 7. The Hunter
 8. ハイジ
 9. 酒場の女
 10. パラダイス
 11. あの娘(こ)に会いたい
 12. エリザベスリードの追憶
 13. ヨコスカ

柴山 和彦 (G.Vo)
秋元 良一 (B.Vo)
相良 宗男 (Dr.Vo)
大和田 順一 (Vo) 1.〜7.
柴山 好正 (G) 5.〜13.
大山 泰輝 (key) 8〜13

ENCORE
 1. Unchin My Heart
 2. Cross Roads
TRIBE2007 SUPER BAND
(Grupo Ache & JULIET、Guest:中村裕介)

曲順を教えていただいたら、またあの時の感動が戻ってきました。

で、僕の音楽の聴き方として、
カバーされた洋楽たちの原曲を聴くことをオススメします。僕はタイガース、PYG、ソロになったジュリーのみならず、その他の好きなミュージシャンがカバーした曲は原曲を聴かずにはおれない、という癖がありまして、これは洋楽でも同じなんですが、最終的にはルーツであるブルースにどっぷりハマってしまうという結果になりました。学業の方もこのくらい熱心だったら良かったんですがねー。

今回の記事はアフィリエイトが多いですが、これで小遣いを稼ぐ気はありません。アルバムのジャケットの画像が欲しかったもので、どうかご了承下さい。「このアルバムジャケット、見たことあるぞ」と思っていただけるとうれしいです。

1曲目から4曲目と7曲目はFREE LIVE!を聴くといいと思います。

Free Live Music Free Live

アーティスト:Free
販売元:Island
発売日:2002/02/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

5曲目の「Station Man」はウリートウッド・マックのアルバム「Kiln House」。

Kiln House Music Kiln House

アーティスト:Fleetwood Mac
販売元:Reprise
発売日:1990/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

6曲目の「Little Wing」はジミ・ヘンドリックスの「Bold As Love」を。
僕も大好きな曲で、元はジミヘンだけでも凄いのに、クラプトンのデレク・アンド・ドミノス時代の「Layla and Other Assorted Love Songs」やスティービー・レイボーン の「The Sky Is Crying」などカバーバージョンもイケます。

Axis: Bold As Love Music Axis: Bold As Love

アーティスト:The Jimi Hendrix Experience
販売元:MCA
発売日:1997/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Layla and Other Assorted Love Songs

Music Layla and Other Assorted Love Songs

アーティスト:Derek and the Dominos
販売元:Polydor
発売日:1996/09/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

The Sky Is Crying The Sky Is Crying

アーティスト:Stevie Ray Vaughan and Double Trouble
販売元:Sony
発売日:2000/04/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

13曲目のエリザベスリードの追憶、「In Memory of Elizabeth Reed」は、オールマン・ブラザース・バンドの「At Fillmore East」で聴けます。

At Fillmore East Music At Fillmore East

アーティスト:The Allman Brothers Band
販売元:Mercury
発売日:2003/09/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アンコールの「Unchin My Heart」はレイ・チャールズのベスト盤などでお好みのを探して下さい。

Very Best of Ray Charles Music Very Best of Ray Charles

アーティスト:Ray Charles
販売元:Greatest Hits
発売日:2007/09/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最後の「Crossroads」はクリームの「Wheels of Fire」。原曲を歌っている伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンの「The Complete Recordings」も聴いて欲しいな。

クリームの素晴らしき世界 Music クリームの素晴らしき世界

アーティスト:クリーム
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する             

                                                            

コンプリート・レコーディングス Music コンプリート・レコーディングス

アーティスト:ロバート・ジョンソン
販売元:Sony Music Direct
発売日:2004/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 部族ライブ2007にて | トップページ | 静かなまぼろし »

コメント

こんばんは。早いものですね、あれからもう10日が過ぎてしまいました。
ライブ後に、人見さんから演奏曲を教えていただいていたのですが、部族のHPには、オヤ『Station Man』が。それからは検索・検索で、フリートウッドマックに辿り着くまでがタイヘンでした(苦笑)。さすがにtomiさんはご存知だったのですね。もう少し待っていればよかったかな。
Freeの曲だけオリジナルを聴きました。当時を知る人たちにはどうか判りませんが、先に生であの迫力ある演奏を聴いてしまった私には、JULIETの方が断然カッコイイです!!

そういえば当日ライブの帰り、中村裕介さんが横を歩いていかれて・・・。“何だ、来ていたならステージに上がればよかったのに”と思った私は大バカ者です。まさか“キンタくん”が裕介さんのことだなんて。声でも聴けば判ったのでしょうが、私のいた位置からではステージ上の顔は既に判別不可能。帰りに見なければ気づかないままだったのでしょうね。あぁ、なんてドジ(泣)。

投稿: nagi | 2007年10月31日 (水) 18時48分

nagiさん、こんにちは。
いや~Station Manは僕も苦労したんですよ。フリートウッドマックの4枚組みボックスの中にあったなぁと思い出したのですが、それは廃盤になっているようです。そもそもこのバンドもその長い歴史の中で、すごいメンバーが目白押し。機会があればじっくり聴いてみて下さい。

カバー曲は原曲を聴けば、もっとそのミュージシャンのことが分かります。「分かった気になる」っていうのが正しいのかもしれませんが、柴山さんはじめ、ジュリエットの皆さんが好きな音楽。深呼吸するみたいに聴きましょう。

投稿: tomi | 2007年11月 1日 (木) 09時14分

俺は、「エリザベスリード」がぐっと来ましたね。
なんか、酔って、いい気持ちで大声上げていた気がする(笑)。
それと、「ハイジ」これも名曲ですね。
前半のフリーのカバーも、貫禄ある演奏でかっこよかった~。

投稿: Taro | 2007年11月 2日 (金) 16時45分

Taroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
「エリザベスリードの追憶」。
Taroさんもバンドマンだから分かっていただけると思いますが、ふつうのバンドはこの曲をコピーしようと思わないですよね~。仮にコピーしたとしても、「ああ、器用だな」で終わる可能性も。
それが「原曲の良さ」+「ジュリエットの音」でもう完全に参ってしまいました。
好正さんのストラトも、ストラトキャスターという楽器を知り尽くしている方ならではの音で、グッときました。
そして最後のドラムソロ。
思い出すたびに、胸が熱くなる演奏でしたね。

投稿: tomi | 2007年11月 2日 (金) 19時22分

 nagiさん、そんな、公開されている文章で「もう少し待っていればよかったかな」はないじゃないですか(笑)。あれはライヴ当夜の殆んど夜明け前に、へろへろの中、記憶だけを頼りに送ったリストです。出てこなかったのが一曲だけだったんですから勘弁して下さいよぉ…。
 フリーは特に「The Hunter」が大好きで、それをカマされブッ飛ばされたので、フリートウッド・マックの記憶は飛んでしまったのです。ええええ、言い訳ですけどね(笑)。ジェれミー・スペンサー時代とはこれまたシブい、というか、ここらへんをリアルタイムで御存知の柴山さん世代にはボブ・ウェルチ以降は軽く聴こえるのでしょうね。勿論お好きなのでしょうけれど。
 一応、癪なので(?)追加情報を。
「Little Wing」のエンディングが、実にさりげなく、同じくジミの「Angel」になっていました。そのセンスに感服した次第です。僕はエンジェルの方が好きなので尚更に。
 いやぁ、それにしても良いライヴでした。何だか柴山兄弟がヴォ-ン兄弟とダブりました。
人見欣幸

投稿: 人見 | 2007年11月 3日 (土) 12時14分

済みません、誤字の訂正を。

(誤)ジェれミー → (正)ジェレミー

送信後 読んで発覚 誤字脱字
駄句にて失礼。

投稿: 人見 | 2007年11月 3日 (土) 12時26分

こんにちは。tomiさんは根っからの音楽好きなのですね。
私は音楽に限らず、つい好き嫌いの感覚だけで判断してしまうので、つくづく楽しみ方が下手な性質だなと思います。
そうですね。少し目先を変えてみれば、気づかなかった何かが見えてくるかもしれませんね。
それから人見さん。「待っていればよかった」は、“フリートウッドマックに辿り着くのがタイヘンだった”を強調するために書いたことで、全曲完璧だったことにはもちろん脱帽しています。本当にスゴイと感心していたのですからイジメないで下さいよ~。でも書き方が悪くてごめんなさいm(__)m

投稿: nagi | 2007年11月 3日 (土) 15時49分

人見さん、コメントありがとうございます。
ヴォ-ン兄弟!まさにそんな感じですね。きっと柴山さんもお兄さんに憧れてギターをはじめたんじゃないでしょうか。
アンコールでのセッションはブルース魂炸裂!といった感じで本当に渋かったです。
またジミのLittle Wingを選曲したあたり、やはりかなりマニアックな感じがしました。
そういえば、ライブがはじまるまで流れていた音楽もセンスが良かったですね。あれは誰かのチョイスだったのでしょうか。

nagiさん、音楽の楽しみ方に上手いもヘタもありませんよ。心から楽しんだらそれでOKです。誰のどの曲だろうと、聴いていて心が揺さぶられたら、それは音楽の神様が宿っている演奏なのです。
うちの息子なんか洋楽はあまり聴かない子なんで、知らない曲ばかりだったはずですが、ジュリエットの演奏に感動していました。
本当は予備知識もいらないんでしょうね。

部族ライブのコンセプトで永遠のテーマである「ラブ・アンド・ピース」なスピリット、あの夜、部族に集ったみんなで大切に共有したいですね。

投稿: tomi | 2007年11月 4日 (日) 11時23分

皆からの ありがとう!=「LOVE and PEACE」

ライブ当日、または後日、部族の仲間, 同級生, 初対面の方など
来ていただいた方々から沢山の「ありがとう!」と云う言葉を
いただきました。
正に、これがプロデュースした一番の目標だったのです。
お互いに感謝と感動ができる「LOVE and PEACE」な場所を
提供する事が出来ました。

今回、「LOVE and PEACE」を言葉に出さず行いました。
ピースマークの画像をスクリーンに映すだけに止めました。
当初、出演者は私が MCで「LOVE and PEACE」を語ると
思っていた様ですが ・・・(^-^)
でも、言葉に出さずとも その場でお互い分かり合えると信じ、
そして、その思いが通じるライブが行えました。

改めて、皆さん 本当に有り難うございました。

ライブから一週間後、出演者達と呑み会を開きました。
それは、ライブ当日の二次会での帰り際、出演者の1人が
「来週の金曜日に飲み会やろう!」の一言で決まりました。
そんな仲間に囲まれたことに感謝している今日この頃です。

お恐れながらライブ前のBGMの選曲しました。
以下、曲順です。
1. Mr. Big (Free)
2. Long Tall Sally (Cactus)
3. Wild Thing (Jimi Hendrix)
4. Five To One (The Doors)
5. The weight (The Band)
6. Rock N' Roll Children (Cactus)
7. Boom Boom (The Animals)
8. Lorelei (Wishbone Ash)
9. Aimless Lady (Grand Funk Railroad)
10. I Got The Same Old Blues (Lynyrd Skynyrd)
11. Jingo (Santana)
12. Feellin Alright (Joe Cocker)
13. Hot 'Lanta (The Allman Brothers Band)
14. I'll Be Creepin' (Free)
15. For Your Love (The Yardbirds)

P.S.
tomiさん
気が付けば 体中に「部族虫」が寄生し巣食ってますね (^-^)v

投稿: ツチG | 2007年11月 8日 (木) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 部族ライブ2007にて | トップページ | 静かなまぼろし »