« 横須賀行き決定! | トップページ | 明日は部族ライブ2007 »

2007年10月15日 (月)

大野克夫 幻のメロディー

ようやく最近、「大野克夫 幻のメロディー」というCDを2枚購入しました。
大野克夫さんが作曲した楽曲のデモテープ集のCD、
ジュリーの曲は、

「幻のメロディー」には、
 ダーリング 
 酔いどれ関係 
 君が泣くのを見た 
 時の過ぎゆくままに 
 ラム酒入りのオレンジ 
 お嬢さんお手上げだ 
 ロンリーウルフ 
 ヤマトより愛をこめて 

「幻のメロディー2」には、
 勝手にしやがれ 
 OH!ギャル 
 私生活のない女
 絹の部屋 
 指 
 ママ......

が収録されています。

完成度の高さに驚きました。
キーボードはもちろん、ギターを重ねて録っていたり、グレードが高いですね。

そして、特筆すべきはアレンジ!
ほとんどの楽曲が、アレンジもあまり違わない。
「OH!ギャル」以外は、顕著な変化がない。
「架空のオペラ」の曲は、そもそもあのアルバム全部が大野克夫さんの編曲だから、
変化がないことに不自然は感じないですが、それでも「指」なんか聴くと、
「ココはオーケストラを入れて・・・」とか考えながら作っているのがよく分かります。

また、一部の曲は歌詞が違う。
とくに「OH!ギャル」の歌詞には「PTAに表彰されよう」なんていう歌詞があったりして、
一曲ずつジュリーの曲と比較して聴くと、とても面白いです。
ダイヤモンドと原石、っていう感じがしますが、
この原石自体が輝いています。
大野克夫さんの甘いボーカルもグー!

「太陽にほえろ!」のサントラも何枚か持っていますが、
歌う大野克夫さんもいいですよ。

幻のメロディー Music 幻のメロディー

販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2003/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Music 幻のメロディー(2)

アーティスト:大野克夫
販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2004/10/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 横須賀行き決定! | トップページ | 明日は部族ライブ2007 »

コメント

作詞家の阿久先生も素晴らしいけど、レコード大賞楽曲作曲の大野さんももっとメディアに大々的に取り上げられていいよね、と最近思うようになりました。
作曲された歌を聴くと、名曲ばかりで、改めて唸ってしまいます。^^v

投稿: Rei | 2007年10月16日 (火) 09時58分

そうですね。
レコ大作曲家にも着目すべきだと思います。
失礼な言い方ですが、ご存命だからお話も聞けるのです。

ねつ造やヤラセ、えこ贔屓等ですっかり評判や信用を落としている進歩のないテレビ局ですから、起死回生でそういったいい番組を作ればいいのに。

投稿: tomi | 2007年10月16日 (火) 10時53分

◆このCD発売時、大野克夫さんはプロモーションでラジオに出演した。氏は寡黙だから,ほとんど司会者が喋っていた。【斉藤ノブ】さんの番組での話〜☆ジュリーの『勝手にしやがれ』オケがほぼ完成したが、大野さんは斉藤さんをスタジオに呼んだ。「何か足りないんだよ…だから,派手なカンジに,入れてくれないかなぁ」と注文。だから,あのスパニッシュ且つスパイシー音のパーカッションが、曲を活性化させたのです。/◆さて、そのオケで録音されたジュリーのヴーカルは,質が違いますよね。抜けの良い声です。レコーディング前に,水泳をしていたからなのです。持前の鼻声,よりも通りが良くなった状態、なんです。(数年前に沢田さんがラジオで喋ってました)

投稿: ―藤棚― | 2008年5月15日 (木) 01時05分

●1979年のこと、大野克夫さんと萩原健一さんが,夜中に自動車を走らせ,プライベート時間を楽しんでいました。大野さんが作りたての曲,を幾つか録音したテープ,が掛かっていました。萩原さんが,或る1曲に反応し「コレいいねぇ!オレ唄うよ!」と盛り上がりましたが、大野さんが「これは,沢田の新曲なんだよ。」…ショーケン,ションボリ。〜♪『ロンリー・ウルフ』/(雑誌のショーケン特集での大野さんによる談話)

投稿: ―藤棚― | 2008年5月15日 (木) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横須賀行き決定! | トップページ | 明日は部族ライブ2007 »