« クレージー メキシコ大作戦 | トップページ | どっち? »

2007年9月19日 (水)

「あんじょうやりや」とジュリーの関西弁

最近、大阪弁にむっちゃ興味があります。
毎日、何となく喋っているコトバなんやけど、
文章にするとキツネ目の「かい人21面相」みたいになってまう。
そやからブログの記事も気張って共通語で書いとんねんけど、
たまには自分の喋ってるように書いてみよかなと思います。

と、いうのも、ジュリーの「あんじょうやりや」について、
いっぺん言いたかったことがありまして、
それは何や?っちゅうたら、
あの曲のメロディーはホンマに大阪弁のイントネーションをうまいこと使ことる。

僕もブルースのセッションなんかで、ギターでフレーズを弾くことがありますが、
ボーカルの合いの手みたいなメロディーには何がええやろと考えて、
仮にボーカルが「♪Everyday, Everyday I have the blues…」ときたら、
それに会話で応えるみたいに
「ホンマやな~大変やなぁ~えらいこっちゃで~」などと、
大阪弁のイントネーションをメロディーで弾いたろと思いまして、
何べんかチャレンジしたことがあるんですが、なかなか思いどおりにいきません。

たとえば「月の法善寺横丁」やったかな、「♪包丁一本~」というやつ、
この「包丁」っていうイントネーションは大阪弁やないです。
曲は「ほう(↑)ちょう」と「う」で上がりますが、
こっちの言い方やと「ほーちょー」と抑揚なく発言します。
あるいは「浪花恋しぐれ」の「♪芸のためなら~」の「芸」、
メロディーはあっちの趣味の「ゲイ」やけど、
ホンマは「ゲェー」とこれも発音が違うわな。

なかなか大阪弁をメロディーに載せるのは至難のワザやねんけど、
ジュリーの「あんじょうやりや」は、
まさに大阪弁のイントネーションのテキストみたいな歌です。
きっと歌詞が先にできて、
「ほなコレを大阪弁のイントネーションで読もか?」っちゅうのが、
曲になったみたいな感じやねー。

ジュリーの関西弁、基本は京都弁なんやと思うけど、
なんか聞くだけで「ほっ」とします。
今年は「春団治」も観れたし、DVDで「幸福のスイッチ」の和歌山弁も聞けたし、
ほんで、あと10日でフェスティバルホール!
待ち焦がれたでーっ!

あと、大阪弁といえば、昼の12時半からテレビ大阪で再放送しているドラマ「あかんたれ」に、
今さらながらすっかりハマっていて、録画までして見ています。
「桂春団治」にも出演していた土田早苗さんとか出てるし、
「松竹新喜劇」の高田次郎さん扮する「分家治三郎」にいたっては、
モノマネをマスターしてしまうくらいハマってしまいました。
我が家では「何だすって!?」というセリフが今年の流行語です。

http://www.cosmos.ne.jp/~sintu/hp/main.htm 
(「あかんたれ」のファンサイトです)

http://www.interq.or.jp/osaka/inside/osakaben/bunpou.html
(「全国大阪弁普及協会」のページ。大阪弁に興味のある方はぜひ)

|

« クレージー メキシコ大作戦 | トップページ | どっち? »

コメント

私の住んでるところでは~^^
あが、そが、こが、わが、おが、と全部れ抜きです。
おもしろいですね~。
又、方言についてはゆっくり。

投稿: Rei | 2007年9月19日 (水) 23時36分

Reiさん、こんにちは。
方言っておもろいですね。
大阪弁で書いた記事、これからも「読みにくい」というご指摘があるまで、続けさせてもらおかと思うてますので、今後ともよろしゅう、おたの申します。

投稿: tomi | 2007年9月20日 (木) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クレージー メキシコ大作戦 | トップページ | どっち? »