« どっち? | トップページ | あと2回寝たら »

2007年9月26日 (水)

柴山和彦さんのギター

虎のテンプレートから模様替えをしました。
今回のはシンプルにいきます。

タイトル背景のギター、ピンとくる方も多いのとちがいますか?
そうです。ここ数年、柴山和彦さんのメインギターになっているギブソンのSGです。
僕はどっちかというとフェンダー派で、シングルコイル・ピックアップの枯れた音が好きなんですが、ジュリーのステージですっかりお馴染みになった赤いSG、チャーミングなカタチですよね。

僕は子どもの頃から、トーカイのシルバースターというストラト・タイプのギターが欲しくて、現に今も中古楽器屋さんやオークション等で探しているのですが、「コレやがな!」というものが見つからなくて苦労しています。
黒いボディ、メイプルのネック、ピックアップやボリューム、トーンコントロールが白いストラトで、絶妙なアーミングのテクニックを見せてくれた柴山さんが、僕の憧れです。

古いトーカイのギターは今も人気があるらしく、買い求める人たちはきっと若い頃にバイトして買ったギターだったり、そんな思い入れの強い楽器なんやと思います。
僕がエレキをはじめた頃は、フェンダーやギブソンなんかは高嶺の花。外タレが弾いている写真や、雑誌のカタログを眺めてため息をつく高級品やったなぁ。愚かな僕はフェンダーとフォウンダーを間違えて大喜びした苦い思い出もあります

最近の柴山さんは赤いSGをメインに、ときどきトーカイのレスポール、コブラギターというちょっとマニアックなギター、Cobra それから憧れの黒いシルバースターなどに持ち替えることが多いようです。

SGを持つようになったのは、ジュリーの曲のアレンジがギターメインの楽曲、しかもディストーションの効いたサウンドに変わったからではないかと思うんですが、下山さんのストラトと一体となって、メリハリと重厚感のあるツインギターが聴けます。

ライブのときに柴山さんがどんなギターを使うのか、僕にとっては重大な関心事。9/30も楽しみにしています。

あと、この場を借りて1982年か83年くらいの東海楽器のギターカタログをお持ちの方はいらっしゃいませんか。柴山さんのギターのスペックが詳しく記載されていました。これも探しています。

|

« どっち? | トップページ | あと2回寝たら »

コメント

tomiさん、こんばんは。
リニューアルされたんですね。見覚えのあるSGに反応してしまいました。
ギターをやりたい、と大騒ぎしたわりには、その後の行動が伴わず、未だギターすら買えていないんです。
ギターのことは実はよくわからないんですが、私もどちらかと言うとフェンダー系が好きで、やっぱり昔、柴山さんが弾いていたストラト(の形をしたトーカイのギターだったのですね)がいいなあ、なんて思っておりました。
でも、以前見学に行ったギター教室の先生が、「ストラトはあまり勧めない」とおっしゃっていまして……いろいろ理由を聞かされましたが、よくわからなかった……ただ、楽器屋さんで持ってみたら、思っていたより重いんですね。その先生は、セミアコ?(バイオリンみたいなギター)を弾いていました。
私の弟がちょっとギターを弾くのですが、今、レスポールJr.ダブルカットとかいうギターを使っています。見た目は、「ちっちゃいSG」という感じです。これは、何だか弾きやすそうな気がします。体力的にも年齢的(笑)にも、「好きな音のギター」より「軽くて弾きやすいギター」を選んだ方がよさそうです。でも、高い……

投稿: ふみ | 2007年9月29日 (土) 00時23分

ふみさん、こんにちは。
SGに反応していただき、ありがとうございます。

ギター教室の先生が「ストラトはあまり勧めない」とおっしゃったのは、きっと繊細だからだと思います。歪んだ音や長いサスティンが欲しい場合は少し物足りなくなるかも。
クリーンな枯れた音がストラトの魅力ですが、物足りない場合はピックアップの交換という手段があります。

ギター選びは楽しいです。ぜひ楽器屋さんで何本も持たせてもらって下さい。木の材質によって重さも違うし、ボディの厚み、ネックのグリップ感、弦と弦の間隔など、お好みの1本を選ぶといいでしょう。ルックスを優先するよりも、ぜひ直感的な「抱き心地」で、ご自分の1本とめぐりあって下さい。

女性にとってストラトのいいところは、ボディ裏が骨盤に当らないところかな。
でもSGとかJrなんかの小ぶりなギターも可愛いですね。
テレキャスターを弾きこなす女性っていうのもカッコいいし、想像するだけでも楽しいですね。

投稿: tomi | 2007年9月29日 (土) 10時20分

こんにちは。はじめまして。
今年になってからこちらを知り、数少ない(^_^;)柴山さん関連コメントを楽しみにしております。
お聞きしたいこと、お話したいことがいろいろあったのですが、
いざ書き込むとなると何だか躊躇してしまって、今頃になってしまいました。

先日の“良明さんのアレンジ”の文章を読んで、同じように感じている方がいるんだぁと
嬉しくなってしまいました。
私はツアーが始まる前にCDを聴き込みますが、実はどのパートを弾くか予想していくのです。
決め手となる根拠は“kazzさんが好きそうなフレーズ”。
確率はほぼ9割、素人にしては結構高いのでは、などと一人ほくそ笑んだりしています。
今回のツアーは、ギターもコーラスも聴きどころ満載なので、
今日の大阪はとても楽しめると思います。
個人的におススメの曲もあるのですが、終わってからにした方がいいですね♪

それではこれからもお邪魔すると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

投稿: nagi | 2007年9月30日 (日) 13時50分

nagiさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
柴山さんファンの方からコメントをいただけて、とてもうれしいです。

昨日の大阪でのライブ、素晴らしかったです。
赤いストラトキャスターの枯れた音が最高でした。
座席的にもかなり近くで拝見できたので、何度か目が合って、こちらに微笑みかけてくれたような気がしました。
衣装替え中のインストも僕は座らずに応援していましたから。

nagiさんのオススメのギターはどの曲でした?
僕は「いくつかの場面」のギターソロに全身鳥肌モノでした。「明日」の下山さんとのソロ・バトル、「太陽」のソロ、「そっとくちづけを」の前半のアルペジオと後半のスライド、そして「アマポーラ」のジャージーなギター、柴山さんからも目が離せませんでした。

nagiさんは部族ライブは行かれますか?僕はとても楽しみにしているのですが、私的な予定の都合で開演時間までに現地に行けるか微妙なところなんです。何としても行きたいとは思っているのですが…。

またこれからも柴山さんの魅力について、nagiさんともたくさん語り合いたいと思いますので、今後ともどうかよろしくお願いいたします。

投稿: tomi | 2007年10月 1日 (月) 09時34分

◆「小柄な人だけど,ファイターやねん!」…ジュリーが,柴山和彦を評した言葉。『おまえがパラダイス』の頃。雑誌の記事です。

投稿: ―藤棚― | 2008年5月13日 (火) 03時11分

◆エレキギターについては詳しくない僕は,2台目のアコギとして、東海楽器のキャッツアイ,を1980年の春に買いました。/●ジュリーをサポートした1980年代前半のメンバーで,僕の目をひいたのは、柴山さんではなく吉田建でした。でも,エキゾティクスだけのアルバムを聴いた時、柴山さんの曲が「カッチョイイなぁ」と感じ,歌唱に「センスあるなあ,巧いじゃん!」と思いました。そして彼を見直したのです。

投稿: ―藤棚― | 2008年5月13日 (火) 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どっち? | トップページ | あと2回寝たら »