« 「女たちよ」は芋焼酎だった | トップページ | 桂春団治.2 »

2007年6月11日 (月)

桂春団治

昨日、松竹座で「桂春団治」を観てきました。
1階14列目の13番、まさに客席のど真ん中。
観劇で感激、素晴らしいお芝居です。

070610_10130001客席は「ジュリーファンの先輩方」、「別にジュリーのファンじゃない大阪のおばちゃん軍団」のパワフルな客層、中には「奥さんに連れてこられた旦那さん」(僕の隣席の方がそうでした)、団体客などなど、バリエーションも様々でした。

お芝居の内容等は観たものの特権として、多くを語りません。
ただ、芝居が終わってお客を眺めれば、涙をぬぐっているのは男性客のほうが多かったような気がします。そういう僕も「おときさん」の心意気に「いい女やなぁ~」と目頭が熱くなりっぱなし。
笑いあり涙ありの芝居は藤山寛美の醍醐味ですが、ジュリーと藤山直美さんのお芝居も心に響くものでした。

桂春団治という人物と、沢田研二というシンガーがダブるような気がしました。破天荒な春団治ですが、古典落語もきっちり人の何倍も勉強したうえで、客をあっといわせる芸をする。劇中の東京の評論家とのやりとりで、「大阪のお客さんが笑ってくれる芸をみせてナンボのもんや」というくだり、6番目のユ・ウ・ウ・ツをリリースする前に放映されたテレビ番組「俺は見せ物でっせ」でのジュリーを思い出しました。
たぶん、ジュリーがあそこまで桂春団治になれるのは、ご本人が日本の歌謡界を引っ張ってきた自信や自負があってのものだと思いました。だから今後、沢田研二以上に桂春団治を演じることができる役者はいないだろうと、断言されていただきます。
他の人がやっても、「ケッ」と鼻で笑っちゃうよ、僕は。

劇中の古き良き大阪はいいですね。
現在の無数のパチンコ店に占領されたミナミには、何の魅力も感じない。
東京は浅草とか「江戸」の香りのする場所が残っていると思うけど、大阪は完全に正体を失ってしまったと思います。市長が悪いのか、知事が悪いのか、地元の人が悪いのか、修復不可能なまでに変わってしまいました。
観光客の皆さんに言います。
「皆さんが喜んでみているもんはホンマの大阪やおまへんで」

|

« 「女たちよ」は芋焼酎だった | トップページ | 桂春団治.2 »

コメント

一日違いの観劇(感激)だったのですね!!!
本当に素敵なお芝居でした…年齢層がいつも以上に高くちょっとビビッてしまうほどでした(^^ゞ
出来たらもう一度観に行きたいのだけれど…仕事と懐具合が…

投稿: とんとんママ | 2007年6月11日 (月) 12時48分

とことんママさん、こんにちは。
本当ですね、僕も何回か観たいです。
オペラグラスで、ずっとジュリーを見ていました。おときさんが出て行ったときも、壁際に寝返りうったりしないものかと、残された春団治のほうを見ていたら、最初はお猪口で立て続けにお酒を飲み、最後にはとっくりごと飲んでいる姿とか、とても印象的でした。
DVDとか出ないかなぁ。
松竹座の売店で、寛美先生の「桂春団治」を売っていましたから、ジュリーのもぜひ!と思います。

高校生のうちの息子は来週17日に、3階席ですが女の子を連れて再度観劇です。チケット代はバイトしてためたお金なんですが、せっかくの父の日だし、おとーちゃんを誘って欲しかった!!

投稿: tomi | 2007年6月11日 (月) 16時20分

>tomiさま
大阪といえば、大阪物語ですね。市川監督は大阪を知らない私にも「いいなあ・・」と思わせてくれました。
実は東京に住んでいたので、なんとなく「大阪はねえ・・」という偏見を持った私でした。
ジュリーのおかげで大阪にも愛着が湧きつつある昨今です。

投稿: Rei | 2007年6月11日 (月) 16時34分

>tomiさま
あ、いい忘れました。私は大阪のたこ焼きが食べ物の中では一番好きです。

投稿: Rei | 2007年6月11日 (月) 16時41分

すごい~高校生の息子さんがご覧になるんですね~
うちの高2の娘はジャニーズさんにぞっこんで…ジュリーが好きな母の気持ちは理解してくれてるそうですが…
本当にもう1回観に行きたいですね~
超松席に座った私の母は今日も電話で「ええ席やった~」と私がゲットした席を自慢しておりました…その母は最期はほろっと泣いたそうですが、ジュリーばかり追いかけていたら泣けないですよね…(^^ゞ

投稿: とんとんママ | 2007年6月11日 (月) 20時52分

言い忘れました…私は13列目の12番…めっちゃ近いですね(^_^)

投稿: とんとんママ | 2007年6月11日 (月) 20時54分

Reiさん、本来たこ焼きの一番美味しい食べ方は、店で売っているものではなくて、家庭で作る「たこ焼き」です。家族や仲間内で「たこ焼きパーティー」って楽しいんですよ。アツアツのやつを「ハホハホ」しながら、冷たいビールをキューっと流し込むのは最高です。大阪ではほとんどの家に「たこ焼き機」や「たこ焼き用プレート」があります。

とことんママさん、うちの息子も高2です。
高2でジュリーファンとは少々ビックリですが、携帯の待ちうけもジュリーならば、ギターを弾くのもジュリーの曲ばかり。彼は演劇部に所属していますが、演劇部仲間からもジュリーの評価は高いそうです。
春団治、オペラグラスを覗いていたら、ジュリーの演技はとても細やかでした。ぜひアップでも観たいです。DVDが発売されることを期待しましょう。

投稿: tomi | 2007年6月12日 (火) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「女たちよ」は芋焼酎だった | トップページ | 桂春団治.2 »