« ニューアルバム | トップページ | うるうる »

2007年5月 8日 (火)

ジュリーの流れる鍼灸院

仕事場のBGMをジュリーに変えました。
今までは業種柄、いわゆる「癒しの音楽」をメインに流していたのですが、
ここらで発想の転換。

ずっと「癒しの空間」を演出し、さまざまなサービスを考え、
16年間、アレコレと気を使ってやってきましたが、
無駄なものも、面倒なだけなものも多かったし、
「癒し」にこだわりすぎて、本末転倒な失敗談も数知れず。

結局は、僕の腕とキャラが大切なんです。
だから流す音楽だけは「僕のため」だという、
ささやかなわがままを許してちょーだい。

と、いっても大音量でガンガン流すわけではないんですが・・・。
わがままさせてもらっている分は、
うんと気分よく、名人・達人級のいい仕事でお返しします。

とりあえず、3枚組みのベストの1枚目からはじめました。
するとどうでしょう、
とても「いい感じ」ではありませんか!
うちに来られる方は女性、とくにジュリー世代の方が多いので、
懐かしがってくれる方、
ジュリーのよさを再発見してくれる方、
なんとなくロマンチックなムードも漂います。

いいぞ、ジュリー!グッジョブ!
いいぞ、僕!ナイス!
いろいろ心配する必要なんかなかったです。
とても雰囲気がいいのです。

ホームページから、このブログをご覧になって、
僕がジュリーの大ファンだということをご存知の方も多いですが、
このまま、さりげなく、ぼちぼち、なんとなく、
ジュリーの流れる鍼灸院を定着させていこうと思っています。

この場合のBGMは、営利目的ではなくて、
僕が気分よく、ノリノリで仕事するためのものなんですが、
ファンにとっては、ジュリーの歌声を聴きながら、
心地いいハリや、お灸のポカポカ温熱治療を受けて、
小一時間ほどうっとりできるって、いいでしょ。

あ、ファンはジュリーさえ聞けば、ハリやお灸がなくても元気になれるんだった。

|

« ニューアルバム | トップページ | うるうる »

コメント

初めましてでしょうか…いろんな方のところへお邪魔するうちに訳がわからなくなりました…申し訳ないですm(__)m
でも毎日拝見しております…更新されるのが楽しみです!!!
ジュリーの曲が流れる鍼灸院…素敵ですね…行ってみたくなりました(#^.^#)

投稿: とんとんママ | 2007年5月 8日 (火) 21時13分

とことんママさん、お久しぶりです。
以前、DVDの「公園へ行こう」の歌詞について、コメントいただきました。
あまり何もかも「癒し」にこだわりすぎると、個性がなくなるような気がして、「わがまま」でいこうと思いました。おかげで僕も楽しいし、個性的になった分、本業を今まで以上にきっちりしなきゃというポジティブなプレッシャーが芽生えて、いい刺激になっています。
よくよく考えれば、シンセサイザーひとつでテキトーに作ったようなヒーリングミュージックより、ジュリーの熱い歌声を背負って仕事するほうが、僕の鍼灸院にはプラスだと思います。

とことんママさん、これからもこんなわがままな鍼灸師を、どうかひとつ、応援よろしくお願いいたします。

投稿: tomi | 2007年5月 9日 (水) 09時24分

はじめまして!いつも更新楽しみにしています。
ジュリーの流れる鍼灸院…すてきなアイディアですね!!
家の近所にビートルズだけを流す定食屋さんが有って近所にも沢山のお店があるのにその店は評判が良いのです。個性って確かに周りに影響するかもしれないですね。
私もtomiさんの鍼灸院行ってみたくなりました!これから周りの方の反応など出ましたら教えて下さいね。

投稿: アトム | 2007年5月10日 (木) 13時32分

アトムさん、はじめまして。
これからもどうかよろしくお願いいたします。

こうしてお返事を打たせていただいている今も、「恋のバッドチューニング」が流れています。
置針といって、患者さんはベッドでハリをうった状態で休んでいただいているのですが、そんなに「やかましい」とは感じません。
おっと、CDがリピートされて「コバルト~」に戻りました。
患者さんたち、「このセンセイだから、こんなわがままも仕方がない」と思われているのが正味の感情かもしれません。
でも、懐かしがってくれる方、ジュリーの歌声にうっとりされる方、昨夜は男性の患者さんにも、「おっ、ジュリーいいね」と喜んでいただきました。

でも、懐かしがるのは今のうち。
そのうち、最近のアルバムをどんどんかけて、うちの患者さんたちには、ジュリーのファンになってもらいます。

投稿: tomi | 2007年5月10日 (木) 17時25分

>tomiさん
そういうのを洗脳って言うんですね(笑)
知らず知らずにインプットされたジュリー曲、知らず知らずに出る鼻歌、「あれ?これ何の歌だっけ?」と思う人。
「おう、いい曲だよね~、ちゃんと歌詞を聴きたいな、tomiセンセイ、このCD貸して」とか言われたらもう洗脳成功ですね。ひゃははは。

投稿: Rei | 2007年5月10日 (木) 17時59分

Reiさん、こんばんは。
かつて、行儀が悪いけど、ごはんを食べながら歌番組を見ていて、お箸が止まる唯一のシンガーがジュリーでした。

そんなこと、みんな忘れてしまっていますよね。
失望していることに気づかないくらい、「音楽」に失望して、「癒し」の歌声だとか、「カラオケのお手本」だとか、恋愛ドラマの感動のシーンに流れるBGMだとか、そういうのでしか音楽が評価されなくなってしまっているので、ジュリーの歌声が耳に入ると、ある年代までの人たちは「おっ」と止まってくれるのです。

音楽なんかなくても、今は他に楽しいものがたくさんある。
でも、確かにジュリーの歌が日本中を楽しませてくれた時期がありました。
僕は今もジュリーの歌に元気付けられているので、シアワセ者です。
だから、患者さんたちにシアワセを分けてあげます。

投稿: tomi | 2007年5月10日 (木) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニューアルバム | トップページ | うるうる »