« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の記事

2007年4月18日 (水)

カラダだけの男

80年代のテイストにあふれたオムニバス映画「バカヤロー」シリーズの第4弾、
「バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ」の「カラダだけの男」。

ジュリー扮する異常なほどの潔癖症の白石さんと、
松田美由紀さん演じる、壊れていく奥さんのドラマ。
吉田建さんもジュリーのご近所さん役で出演していて、
「パノラマ」や「A SAINT IN THE NIGHT」など、
この1991年という年は、大活躍でしたね。

総指揮・脚本が森田芳光さんだけあって、
1984年の「ときめきに死す」と見比べると面白いです。
コメディーとハードボイルドの違いはあっても、
相通じるものが多くて、この「カラダだけの男」がさらに楽しめます。

このお話は、ゴミゴミした都会の環境、空気や食生活に過敏な反応をする
主人公や壊れる奥さんを「異常だ」と笑うコメディのはずなのに、
新種のウイルス、狂牛病問題などなど、
2007年の目線では、笑い話にならない自体になりつつあります。
日常用品には「除菌」の文字が溢れているし、
個人的に「黄砂」について調べてみれば、
エグイ実状が目に飛び込んできます。

話は変わって、
人間ドックで、やや血糖値が高めだと無理やり指摘させた白石さんが、
奥さんに「僕が太ってもいいのか」と問うシーン、
1991年には何も感じなかったのですが、
2007年にみると笑ってしまうファンの方は多いのではないでしょうか。

あと、尾藤イサオさんとの絡みのシーン、
おふたりの演技がとても楽しそうです。

| | コメント (8)

2007年4月12日 (木)

ROCK 黄 WIND

久々にブログのデザインをリニューアルしました。
今年もジュリーと一緒にタイガースを応援しようという思いを込めて、
虎のテンプレートをお借りしました。

ただ、僕はそんなに熱狂的なタイガースファンではありません。
もちろん毎晩、勝ったかどうか気になるし、
サンテレビは晩酌のお供です。
ナイターで阪神が勝っていると、
ビールも美味しいし、テンションも上がりますが、
負けていたら「つまらん!」と言ってチャンネルをかえる、
不真面目なファンです。

それでもときどきチャンネルを戻して、
点数が追いついていたり逆転していたら、
「よっしゃー!!」っていうことで、
ビールをもう一本プシューっと開けてしまいます。
まぁ、こんな感じで、お酒が好きなだけかもしれません。

点が入ればもう一本、負けたらヤケ酒、
僕にとってはタイガース=ビールなんです。
ジュリーファンとしても、
ライブのアンコールが1曲増えるとうれしいし、
ぜひ今年も頑張って、
美味しいビールを提供してもらえることを願っています。

僕が甲子園に行くと負けるというジンクスがあるため、
観戦はもっぱらテレビですが、
ファンのおっちゃんたちのヤジも面白いし、
否が応でも興奮させられるあの一体感、
今年は1回くらい行こうかな。

| | コメント (2)

2007年4月10日 (火)

6番目のユ・ウ・ウ・ツ

ずいぶんと更新をサボってしまいました。

幸運な僕は、あの幻のテレビ番組「沢田研二ショー」を第一回から観れる機会に恵まれました。
もう一度観たかった「TOKIO」の東海林太郎バージョン、
ジュリーと左とん平さんと小遊三師匠による未来の掛布と原の野球コント、
EXOTICSのメンバー紹介、
そして「HA HA HA」が過激な6番目のユ・ウ・ウ・ツ。
カッコいい~、あの衣装も、メイクも、EXOTICSの面々も。

この曲の「♪見知らぬナイフに傷つけば~」の「ナイフ」の節回し、
レコードとテレビでは歌い方が違っていたんですね。
普段はCDでしか聴かないから、そんなことをすっかり忘れていました。
NHKの寒中お見舞い以降、ステージでも歌詞が変わってしまいましたし。

6番目のユ・ウ・ウ・ツがリリースされた当時、とても斬新なモノを感じました。
EXOTICSの西平彰さんの作曲、白井良明さんのアレンジ、今までのジュリーにはない新しさがありました。
何かの歌番組で、ジュリーが西平さんのことを「これからは先生と呼ばなくては」と言ってたのを憶えています。
音楽の時間に聴かされたペールギュントの「山の魔王の宮殿にて」に似たイントロのメロディ、
I will ~ の部分、西平さんがボコーダーという機材で、女性の声を出していたこと、
レコードよりもテレビで歌うときのほうが、ギターのパートが多くてカッコよかったこと、
ジュリーの顔がビーズで描かれた衣装、
ハラリと真中で垂れた髪、
金色のマイク、
そしてルージュを指でぬぐう仕草、
悩ましげなジュリーの笑い声、
もう、どれをとってもカッコよすぎて、テレビの前で狂ったように「HA HA HA」していました。
カッコいい動画 

普段、あまり音楽に興味を示さない友人も、レコード買っていましたし、
お茶の間に与えた衝撃は、かなりのもんだったと思います。
ウィキペディアでは、「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」とは「衣・食・住・金・女」の全てを満たした男がたどり着く憂鬱のことである。とありますが、中学生の僕には難しい意味だったのね~。
歌詞 

でも、シングルジャケットもカッコいいし、「これでファンがドーッと増えるな」と期待していた僕。次にもう一発ドカンときていたら、僕の世代でももっとファンが増えたのでしょうが、当のご本人がマニアックな方向に行ってしまいましたね。まぁ、それはそれで僕としてはOKだし、MIS CASTは名盤だと確信しています。

デジタルリマスター版の「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」やその他のヒットシングルが聴きたい方は↓↓↓

ロイヤル・ストレート・フラッシュ3(紙ジャケット仕様) Music ロイヤル・ストレート・フラッシュ3(紙ジャケット仕様)

アーティスト:沢田研二
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2007/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »