« エレキギター | トップページ | 6番目のユ・ウ・ウ・ツ »

2007年3月28日 (水)

エレキギター②

手に入れたギターが、FenderではなくFounderというまったく別物だったことに気づき、ガッカリした僕。19,800円は妥当な値段、いや、使用している木材もベニヤ板のようなとんだ代物で、世の中そんな甘い話はないと、落ち込んでしまいました。

ハリー・ギターのロゴはセロテープで簡単にはがれ、そこにFenderのロゴシールを貼って見た目を誤魔化すという裏技もあるのですが、Founderのロゴは頑丈で、彫刻刀で削ったりもしたのですが、なかなかその主張を曲げてくれません。タフな「バッタもん」でした。ライブで、ジミヘンやピート・タウンゼントのように、ギターを叩きつけて壊すというパフォーマンスを決行したことがあるのですが、キズこそついたものの、大破することはありませんでした。意味もなく頑丈なこのギターは、結局はその後何年も僕の手元で、ペラペラとブルージーな音色を奏でてくれました。(最後はギターを始めた後輩にプレゼントしました)

エレキギターを手に入れたら、次はアンプです。
今すぐにでも欲しいし、オーバードライブやディストーションなどのエフェクターをかまして、音を歪ませたいという願望も強くありました。
しかし、お小遣いの乏しい中学生のことで、レンタルレコードとカセットテープ代にそのすべてを費やしていた僕にとって、アンプは高嶺の花でした。
そこで、家にある古いナショナルのラジカセのマイクにモノラルのプラグを差し込んで音を出すという離れ業を考えつきました。出力の弱さやスピーカーの悪さから、いい感じでギターの音色が歪んでくれたのです。
高校になってグヤトーンのアンプを購入するまで、このラジカセの代用は自宅練習に大いに役立ちました。

すぐにでもEXOTICSの柴山和彦さんのマネがしたいけど、情報不足だったし、自力でコピーできる技量はありませんでした。ビデオデッキもなかったので研究もできなかったし・・・。
でも、曲に合わせてネックを前後に振り、両足でリズムをとる弾き方なんかは、早々にマスターしました。
野球選手の形態模写のギタリスト版といったところでしょうか、柴山さん以外にも、安田尚哉さんのギターの弾き方や、ストリッパーのときの西平彰さん、吉田建さんのベースの弾き方なんかもマネました。誰からも理解されませんでしたが。
肝心のギターは、ヤングギターという雑誌や、バンドスコアを見ながら主にマイケル・シェンカーやレインボーなどのハードロックを練習しました。小学生からクラッシックギター教室に通っているので、たいていの曲は難なく弾けたと思います。
ただ、そのクラッシックギター教室のほうがキツくなってきました。毎週、課題曲をこなしていくのが面倒になってきたのと、講師の先生に「最近キミのギターが荒れてきた」と叱られたのをきっかけに、辞めてしまいました。もうちょっと続けるべきだったと後悔しています。

「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」がリリースされた頃、念願のジュリーのバンドスコアが発売されました。
当時のバンドスコアっていうのはワリといい加減で、随所におかしいところもありましたが、それでも得意になってレコードに合わせて弾いていました。
また、その頃には耳コピーも少しはできるようになり、アルバムの曲もレパートリーになりました。EXOTICSの露出度も高くなっていましたし、テレビの「沢田研二ショー」でシングル以外の曲の演奏も見られたからです。

|

« エレキギター | トップページ | 6番目のユ・ウ・ウ・ツ »

コメント

>tomiさま
へー、ラジカセがアンプになるなんて知りませんでした!(機械オンチだし・・)
すごーいね、少年。
それにしてもギターの先生、「荒れてきた」なんて鋭かったですね。ロックは荒れてなきゃ、壊さなきゃ(笑)

私の中学の時のおこづかいの使い道は全てジュリーのレコードの為に貯めておりました。
けなげだねー、今とちっとも変わりません(笑)

投稿: Rei | 2007年3月28日 (水) 22時41分

Reiさん、そうなんです。音質はダメですが、歪ませることに関しては、安物のラジカセがよかったです。G.S I LOVE YOUに収録されている「メイビー・トゥナイト」のソロのダーティーな音にちょっと似ていました。

クラッシックギターとエレキやフォークの違いは、まずネックの握り方にあります。また、先生からは「どの音をどの指でどう押さえる」とかのフィンガリングを厳しく仕込まれていたのですが、それがかなりいい加減になったからだと思います。
とにかく、エレキの細いネックや弦に慣れてしまうと、クラッシックの弦が弾きにくくなりました。

今はガットギターの音色にもシビレているのですが、当時は完全にエレキの虜だったし、反抗期の真っ盛りでしたので、大人の言うことや行儀なんて「ケッ…」てな感じで、右の耳から左の鼻へ軽く受け流していました。反省。

でも反抗期のくせに、学校ではセンセイのことを「お母さん」と呼び間違えたり、可愛いところもあったのです。

投稿: tomi | 2007年3月29日 (木) 16時38分

tomiさん、お久しぶりです。
ギターのお話、楽しく読ませていただいています。
私も中学生の頃、貯金をはたいてYAMAHAのアコギを買ったんですが、Fのコードが弾けなくて挫折。以来、ギターにはさわっていませんが、最近エレキギターを習い始めた友人が、「一緒にやろうよ」と言うんです。
ちゃんと習えば弾けるようになるものでしょうか。エレキならやっぱりストラトが弾きたいんですが。

ところで、秋にジュリエットのライブがあるようです。「部族」のサイトに情報が載っていました。 http://members.jcom.home.ne.jp/akkun.0308/tribe/tribe-top.htm

投稿: ふみ | 2007年4月 8日 (日) 01時41分

ふみさん、こんにちは。
貴重な情報をありがとうございます。
10月20日ですね、観に行きたいなぁ。
「部族」のサイト、これからも要チェックですね。

ギター、ぜひはじめて下さい。
アコギよりエレキのほうが、ネックも細くで弦も柔らかい分、Fのコードも弾きやすいはずです。
ストラトもいいですが、女性は赤のSG(現・柴山さんのメインギター)タイプも可愛らしいです。
弾き語りたい曲をおっしゃっていただいたら、コードを送りますよ。

投稿: tomi | 2007年4月 9日 (月) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エレキギター | トップページ | 6番目のユ・ウ・ウ・ツ »