« 間違いだらけのコード起こし | トップページ | BAD TUNING »

2007年2月22日 (木)

小型アンプ

間違いだらけのコード起こし事件以来、何曲かは初心者の息子向けにワザと簡単にしたところもあるのですが、言い訳すらも通用しないようなミスや手抜きが発覚し、僕の口癖、「まぁいいか」を禁句にして、着々とコードの訂正を行う毎日。
ようやくメドが立ったのでブログも更新します。

今まではアコースティックギターでジャカジャカとコード起こしをしていたのですが、曲の途中で一時停止やリピートをすることが面倒くさくなったりして、曲も聴かずにどんどん「先走る僕」でしたが、今回から手法を変えることにしました。
まずはギターをエレキに変え、小型のアンプから音を出すことにしました。コード起こしのために小型アンプを買ったのですが、近頃のは凄いことになっていますね。VOXのDA5という安いアンプなんですが、クリーンな音から歪み系の音まで、またさらにコンプレッサーやディレイ、コーラスなどのエフェクトが内蔵されてあって、様々な音を出すことができます。アンプの「鳴り」もなかなかのもので、驚かされました。まぁ、コード起こし時は比較的クリーンな音でやるのが無難ですが、ギター本体のボリュームやピックアップセレクターで、多少の調節をします。

また、ギターの差込口の他に、外部音源の入力が可能なAUX INがあって、そこにデジタルオーディオプレーヤーやCDプレーヤーが接続できるので便利です。
つまり、アンプのスピーカーからギターとCDの音の両方が出せるのがうれしいです。ヘッドフォンをすれば夜中でも気軽にコート起こしができます。しかも、電源が乾電池の使用も可能なので、どこでも持ち運びに困りません。まさに「遊べる」アンプです。
こんなリーズナブルなスグレモノがもっと昔からあったらと思うと、近頃のエレキ少年たちに嫉妬してしまいます。

購入して2~3日は、コード起こしもそっちのけで、ハードロックやパンクの名フレーズやソロを弾いていい気になったり、オールウェイズやエキゾティクスのメンバーになって遊びました。
僕がギターを試し弾きするときは、「BAD TUNING」の中の曲を弾くことが多いのですが、それはきっと子どもの頃から慣れ親しんだ「WOMAN WOMAN」の「♪ド~・ド~・ソラシッ・シ・ド~」がギターのネックを握る指に残っているからです。その他「世紀末ブルース」のソロや「マダムX」のイントロなど、「BAD TUNING」はギターのフレーズが特別においしいアルバムだからです。
アルバム「BAD TUNING」については、そのうち熱い記事を書きたいと思います。

|

« 間違いだらけのコード起こし | トップページ | BAD TUNING »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 間違いだらけのコード起こし | トップページ | BAD TUNING »