« 1987年のこと | トップページ | 小型アンプ »

2007年2月13日 (火)

間違いだらけのコード起こし

まったく、どうかしていました。
ジュリーの楽曲の数々をギターで弾き語りがしたいということで、
アルバム「俺たち最高」からコード起こしをはじめました。
「架空のオペラ」まで遡れたので、ここらでひとつ今までの見直しをしようと、
じっくりとCDを聴きながら、一曲ずつ確認をしたのですが、
「何じゃこりゃ、間違いだらけやないけー!」
と、落ち込んでしまいました。

思い起こせば、当初はCDをじっくり聴かずに、自分で(小さな声で)歌いながら
コード起こしをしていたことが、今回判明した「間違いまくり」の原因です。
何曲かこのブログでご披露したこともありますから恥ずかしい限りです。
(例をあげると、「俺たち最高」でAM7と書いたところは、今回見直ししたらF#でした、なぜそんな間違いをしていたのか、トホホ…)

コード起こしをはじめて、
CDを聴きながら何回も巻き戻したりして丁寧に行う作業にやり方を変えたのは、「第六感」から。
それまでは、曲の最初のコードを見つけると、スラスラと適当にコードを見つけていたような気がします。
「あかん、あかん。好きなことに妥協はできん」と、
振出しに戻って、やり直す決心をした連休でした。
まぁ、「第六感」以降はマジメにやったつもりだし、その間にコード起こし自体も上達したと思いますので、
見直し&修正作業はそんなに時間はかからないと思います。

実は近々にこのブログで、ジュリーの黄金のコード進行と題して、
ジュリーの楽曲で定番のコードパターンをいくつかご紹介しようと思っていたのですが、
僕自身がまだまだそんな記事を書けるレベルではありませんでした。

「見直し」という作業、やっぱり大切ですね。
もしも僕が学生時代からこの「見直しをする」という習慣をつけていたら、成績も良かったと思います。
中学の頃、中臣鎌足(なかとみのかまたり)と答えるべきところを、
漢字に自信がなく、ひらがなで「中臣かたまり」と書いてしまい×だったことを思い出してしまいました。
受験生の皆さん、答案の見直しはとても重要ですよ。

それにしても、そんな僕のノートを見ながら、日夜ギターの練習に励んでいた息子よ、
気付けよ!

今回の間違い発覚に対する今後の対応策として、とりあえず外部音源の接続と音量調整ができる小型のギターアンプを購入し、ヘッドホンをつけて、丁寧に作業に取り掛かろうと思います。

|

« 1987年のこと | トップページ | 小型アンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1987年のこと | トップページ | 小型アンプ »