« 大人になってからの僕 | トップページ | 「あ」の魅力 »

2007年1月30日 (火)

ロイヤル・ストレート・フラッシュ

AmazonでジュリーのCDを見ていたら、

ロイヤル・ストレート・フラッシュ(紙ジャケット仕様) [Limited Edition]

ロイヤル・ストレート・フラッシュ2(紙ジャケット仕様) [Limited Edition]

ロイヤル・ストレート・フラッシュ3(紙ジャケット仕様) [Limited Edition]

というのを見かけました。「発売予定日は2007/03/07です。ただいま予約受付中です」との事です。この間、この3枚はデジタル・リマスターで復刻されたはず。音質の良さに感激しました。

それで今度は紙ジャケ仕様の発売みたいですね。ただ、繰り返しちょっとずつの再販なら、購買意欲が高まるように、佐野元春さんのそれのようなファン垂涎の特典が欲しいところです。

かつてお小遣いを貯めたお金で買った音質の悪いシングル盤やLPは貴重な「宝物」でした。何度も何度も繰り返し聴いた珠玉の音源たちも、大人買いで3枚一挙に「音がいいね」とサラっと聞き流すだけではあまりにも寂しいと思います。

できるならB面の曲や別テイクなどの特典をつけて欲しいと思うのは僕だけでないはず。B面の曲たちは以前そればかりのCDが発売されましたが、その編集には不満だらけなのです。アルバムに収録されている曲はB面コレクションには入っていないのですが、アレンジや演奏が違うのです。(アルバム「STRIPPER」に入っている「バイバイジェラシー」とEP盤「渚のラブレター」のB面が違うように)

ライブアルバムやオークションでやたらと高値で取引されている海外版のシングルカセットのみ発売されたものなど、僕たちファンが望んでいるCD化されていない音源は多いです。「晴れのちBLUE BOY」の12インチ、「勝手にしやがれ」の英語版などなど、特典音源になりうるものはたくさんあると思うのですが・・・。

あるいは、「怪傑ジュリーの冒険」にも個人的には不満があるので、その他のテレビ番組出演時の映像などを収めたDVDや当時のライブ映像がつくという特典があれば、それなりの値段がしても惜しくないと思うのは僕だけでしょうか。

|

« 大人になってからの僕 | トップページ | 「あ」の魅力 »

コメント

そうですよねぇ、もっとジュリーマニアが喜ぶ音源をCD化したり、映像をDVD化して欲しいです!
例えば、「ジュリー洋楽カバー集」とか「ジュリーCM集」とか…。
あのB面のCDもどうせなら全て扱って欲しかったですね、レコードは聞いていたら少し怖いですからね(笑)。
そういえばあの[Limited…]っていうのが少し気になります、どういう意味なんでしょうか…?

投稿: masako | 2007年1月30日 (火) 18時34分

masakoさん、こんばんは。
紙ジャケ仕様が発売されたら、masakoさんもやっぱり「買い」ですよね。次回はどんなオプションで僕たちを喜ばせてくれるのか、期待したいところです。
それにしても、「洋楽カバー集」や「CM集」、欲しいですよね。他にも、http://www.hmv.co.jp/news/newsDetail.asp?newsnum=412140017
で生産中止になったライブアルバムの数々や、
架空の歌劇、エキゾティクスのライブラリーなどなど、初CD化や再販を待ち焦がれるものもたくさんあります。
何とかならないのでしょうかね~。

投稿: tomi | 2007年1月30日 (火) 20時16分

同感です。
そろそろ、tomiさんが、云われるような音源が聴いてみたいですよね。
紙ジャケという代物そのものが好きなんで、これらの3枚も購入したいと思っておりますが、帯から何までミニチュアで復刻して欲しいですね。なんまら(物凄く)詳しい解説付きならうれしのですけれど。
以前ザッパのアルバムが紙ジャケで復刻されたことがありまして、少しづつ購入していたのですが、さすがに数が多すぎて断念した経験があります。

投稿: keinatumeg | 2007年1月31日 (水) 23時04分

keinatumegさん、コメントありがとうございます。そういえば以前、20万円くらいで、50枚以上入ったフランク・ザッパのボックスを見かけたことがありますよ。コレクターにはたまらないものだろうと思いましたが、大変ですね。少しずつ買い続けて途中で断念っていうのも、僕も何度も同じような経験があるのでよく分かります。

そもそも、我々ジュリー・マニアの所有するアイテムも、総額となるとかなりの額になると思いますが、好きだからしょーがないですよね。ジュリーのジャケット、歌詞カードをながめてウキウキしたいのです。他の出費を切りつめても、買うしかない。

今回のロイヤル・ストレート・フラッシュの3枚が、ただの飾りとしてのコレクションでなく、楽しませてくれるものであることを祈るのみです。

投稿: tomi | 2007年2月 1日 (木) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大人になってからの僕 | トップページ | 「あ」の魅力 »