« THE VANITY FACTORY | トップページ | 中学生のころの僕 »

2007年1月15日 (月)

公園へ行こう

以前、NHK総合テレビ「スタジオパークからこんにちは」のオープニングに流れていた曲「公園へ行こう」。
「時計~夏が行く」や「遠い夏」などと並ぶ、ジュリーのノスタルジック・ワールドの曲です。2001年の「21世紀初 三大都市公演」のアンコールでのみ演奏されましたが、CD化されていません。またライブのときと、スタジオパーク~のときではアレンジも歌詞の構成も違うようです。
僕は去年から、個人で楽しむためなんですが、ギターの弾き語りのために、ジュリーの楽曲のすべてをコード起こしをするという一大作業を続けておりまして、歌詞をワードで打って、プリントアウトして、コードを書き込む日々を送っているのですが、この「公園へ行こう」でつまづいてしまいました。
DVD「21世紀初 三大都市公演」バージョンの歌詞の一部がどうしても聴き取りにくいのです。外耳炎になってしまうまで耳掃除をして、何度も歌詞を聴き取っているのですが、妙なツボにハマってしまい、自信がなくなりました。

問題の歌詞は1番の、

♪こんな天気だから 出かけよう公園へ (Hi!)
  元気出して行こう 運動靴でさ
 晴れた日は 青空に wow wow wow 歌うよ

 楽しいことばかりじゃない 急ぎ足の毎日
 誰か誘い抜け出そうよ ○○○○午後のひとときへ

 Bon bon bon 時計なんか 忘れてしまえばいい (そう)
  Bon bon bon ぼんやりして 少し深呼吸
 軽くなる 気持ちいいよ
 微笑んで すべてが笑ってる♪

○○○○の部分なんですが、たぶん「まぶしい」と歌っているように思うのですが、自信がなくて、
DVDをお持ちの方にお願いなんですが、そこの部分、一度聴いてみて、何と歌っているか教えていただけませんか。

また、間奏の柴山さんと下山さんのギターソロもしっかり聴き取って、コピーしたいと思っています。

|

« THE VANITY FACTORY | トップページ | 中学生のころの僕 »

コメント

初めまして…いつも楽しく拝見しております。
私はギターのことはさっぱり分かりませんが(その他も)ジュリーだけは大好きです(#^.^#)
ブログを拝見して、早速【三大都市…】見てみました!その中のアンコールの【公園へ行こう】聞きました…私にはどうもあの○○○○の部分…「あかしい」に聞こえます…こんな日本語ないかなあ…それにしてもジュリーの歌唱力に今更ながら驚きながらコメント書いています(~_~;)

投稿: とんとんママ | 2007年1月16日 (火) 14時01分

とことんママさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
確かに「あかしい」とも聞こえますよね。でも歌詞の文脈から見ると「午後のひととき」の形容詞として、「○○しい」という詩にはなりそうですね。
ライブのDVDということで、ひょっとしたら、いつもの、お得意の「歌詞間違え?」ではないかとも考えられるんですが、どうでしょうか。
僕は、ブログに書き込んだことによって、「スッキリしたい」という気持ちがどんどん強くなってきています。

「三大都市」の前半~中盤にかけての渋い選曲、素晴らしいですよね。じっくりとジュリーの歌唱力を堪能できるライブDVDではないでしょうか。僕は毎回「部屋シリーズ(勝手に命名)」の2曲にシビレてしまいます。

とことんママさん、今後ともよろしくお願いしますね。

投稿: tomi | 2007年1月16日 (火) 16時31分

こちらこそよろしくお願いいたしますm(__)m
私も「あかしい」はいい間違いのように思ったりしました…でも聞き取るって難しいですね(^^ゞ
13DVDを主人に内緒で購入してじっくり観て…どれも最高です…楽曲の多さにも驚くし、歌唱力、雰囲気、女の私にはあのフェロモン振りまきがたまりません。男性にはどう映るのかなあ…(゜o゜)
「部屋シリーズ」よろしいですね…私は後半4曲【ラジカルヒストリー】からが大好きで…目が離せません!!!

投稿: とんとんママ | 2007年1月16日 (火) 19時28分

とことんママさん、ジュリー・フェロモンには男性の僕でもクラクラきます。あんな風になりたいという願望と、決して真似できないという現実、ワン・アンド・オンリーのジュリーなので嫉妬心というのは一切なくて、「憧れ」のまなざしで魅入ってしまいます。
あー、この辺のところも一度ブログに書いてみようかな。ジュリーに感化されて30数年生きてきた中年男の奇妙なナルシストっぷりを!たぶん男性のジュリーファンなら「あるある」と頷いていただけることも多々あるのではないかと思いますので、楽しみにしていて下さい。

投稿: tomi | 2007年1月17日 (水) 09時39分

お久しぶりです、また出てきました(笑)
ご質問の部分を、私も聴いてみましたが、やはり其のように聞こえますので、スタジオパーク出演時のビデオを見てみました。
ところが肝心のその部分に会話が被っていてなかなか思うようにいかなかったのですが、どうやらLIVEでのラストのリフの部分がそれにあたるようです。

『こんな都会の真ん中に素敵な場所がある
通り過ぎる人の速度 のんびり昼下がりだね』

・・・と、まるで違うのでもしかするとTwoVersionあるのかな・・・などと思いました。

Julieのお正月ライブはいつも趣向が凝らしてありマニアにはたまりませんね。
ONEandONLY・・唯一無二の存在、私もまさにそう思います。


詳しくはこちらで検証↓です。

投稿: おりーぶ | 2007年1月17日 (水) 12時13分

おりーぶさん、こんにちは。コメントありがとうございます。こんなに検証していただけるなんて、大感激です。
http://kuyuriga.cocolog-nifty.com/blog/
にもコメントさせていただきます。

投稿: tomi | 2007年1月17日 (水) 20時14分

私も公園へ行こうを見てみましたぁ!
やはりみなさんの言う通り「あかしい」「あがしい」と聞こえます、ヤッパリ歌詞を間違えたのですかねぇ?
それで見ているうちに私もホントに歌詞を知りたくなってきました。
そのライブには私も行って、公園へ行こうには感動したはずなのですが、恥ずかしいことにそこまで気が付きませんでした。
おそらく、ライブに行った人の中には歌詞を完全にわかっている人がいるはずです。
頑張ってくださいねぇー。

投稿: masako | 2007年1月18日 (木) 00時12分

masakoさん、こんにちは。
確かにこのライブは渋谷公会堂、愛知県立芸術劇場、大阪厚生年金会館で計6回行われているので、歌詞を正確に聴いた方も多数いらっしゃると思います。そういう方々からも情報をいただけると有難いです。
この曲を歌うときのジュリー、動きが可愛らしい(失礼)ですね。お茶目な動きというか、ジュリーだけでなくバンドの皆さんの人柄もほわほわっと伝わってきて、うれしくなります。
前~中盤までじっくり聴かせられ、後半のヒートアップ、そしてアンコールでサプライズのようなこの曲、ほのぼのとあたたかい気持ちになれる、ジュリーの魅力のフルコースが堪能できるライブとして、このDVDはジュリーのライブを観たことがない人にもイチオシでオススメできると思っています。
この曲、またいつかライブでやって欲しいですね。

投稿: tomi | 2007年1月18日 (木) 09時39分

tomiさん、いらしてくださりありがとうございました。閲覧いただいたので検証部分は削除いたしました。ご報告まで。


投稿: おりーぶ | 2007年1月21日 (日) 09時54分

「公園へ行こう」の○○○○の部分ですが、おかげさまで「♪誰か誘い抜け出そうよ あやしい午後のひとときへ~」と歌っていたことがスッキリ判明いたしましたので、お知らせします。
いろいろと検証していただいた皆様、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: tomi | 2007年1月22日 (月) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« THE VANITY FACTORY | トップページ | 中学生のころの僕 »