« JULIETのアルバム「Yokosuka Bay」 | トップページ | 「酔いどれ関係」風のコード進行 »

2006年11月22日 (水)

JULIET 「Yokosuka Bay」

確かにオールマン・ブラザーズ・バンドの影響の色濃さが感じられるアルバムでした。
でもそれだけに留まらず、しっかりと作りこんだ楽曲と独自の世界感があり、かなりの実力のあるバンド。バンドを志す人たちは聴いて損はないアルバムだと思いました。「ハイジ」というインストの曲は美味しいギターのフレーズの宝庫だし、こりゃ僕もせっせとコピーしたいと思います。

本当に、随所に僕の慣れ親しんでいる手クセというか、柴山和彦氏がジュリーのライブで弾きそうなフレーズ、口ではうまく説明できないところに、文章でどう表現していいか分かりませんが、弦を押し上げて音階を上げるチョーキングというギターのテクニックがあるのですが、柴山和彦氏のチョーキングを効かせたフレーズって独特なんですが、そういう僕にとってのツボが満載なんです。ジュリーの「噂のモニター」のギターソロを聴いていただければ、何となく分かってもらえるかとは思うのですが。
また、ボトルネック奏法といって、弦を押さえるほうの小指または薬指に、ブラス製の筒をはめて弦の上をスライドさせる弾き方(本来は、酒瓶の口の部分を切って指にはめることからボトルネックという名前がつきました。内田勘太郎氏はカルピスのビンだし、デュアン・オールマンは風邪薬のビンなど、ブラス製だけではありません)のテクニックもすでにこの時代にモノにしていたんですね。

さてボーカルなんですが、1曲目を聴いたら「?」だったんです。70年代ジャパニーズロックシンガーの歌い方というのでしょうか。で、3曲目の「酒場の女」で慣れ親しんだ声、そうEXOTICSの「ライブラリー」できいたあのお声が聴こえてきたので、「おーっ!」とボルテージが上がりました。「あの娘に会いたい」、「ヨコスカ」でも聴けましたし、「南に向けて」ではコーラスも。それにしても、柴山和彦氏、当時お幾つだったんでしょうか。声があまり変わっていないんですが・・・。
いずれの曲も、シンプルなコードで「僕は君が大好きさ~」というようなものではなく、凝ったコードワークと、意味深な歌詞です。ラストの8分を越えるバラード「ヨコスカ」なんか、聴きごたえがあります。

それにしても「横須賀」とか「横浜」ってカッコいい響きですよね。「港」というキーワードは演歌ではよくテーマになりますが、ROCKで「港」が似合うのは「ヨコハマ」。僕の暮らす大阪は全然ダメです。「南港」とか「貝塚人口島」、「泉佐野食品コンビナート」。絵にならんなぁ。今の時期、タチウオはよく釣れるんですがね。

JULIETに興味のある方は、ご参考までに、オールマン・ブラザーズ・バンドの「ブラザーズ&シスターズ」も聴いていただけたらいいかと思います。

YOKOSUKA BAY Music YOKOSUKA BAY

アーティスト:ジュリエット
販売元:BMG JAPAN
発売日:2001/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブラザース&シスターズ Music ブラザース&シスターズ

アーティスト:オールマン・ブラザーズ・バンド
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« JULIETのアルバム「Yokosuka Bay」 | トップページ | 「酔いどれ関係」風のコード進行 »

コメント

tomiさん、はじめまして。ふみと申します。
実は、私も「Yokosuka Bay」のCDを持っています。
もともとはジュリーファンだったんですが、いつのまにか柴山和彦さんに浮気(?)、柴山ギターを聴くために、時折大澤誉志幸さんのライブにも出かけております。
一昨年の2月だったでしょうか、横須賀のとあるライブハウスで、ジュリエットの一夜限りのライブがありました。70年代に当時のライブハウス「部族」で演奏していたバンドの同窓会ライブみたいなものだったようです。
ジュリエットのオリジナルメンバー3名と、お兄様の柴山好正さん、ボーカルの大和田さん(この方は、ジュリエットには少しの間しか在籍していなかったようです)が出演していらっしゃいました。
「エリザベス・リードの追憶」と「ハイジ」を生で聴いて倒れそうになるぐらい感激しました。

投稿: ふみ | 2006年11月30日 (木) 22時08分

ふみさん、はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。

僕はまだライブハウスや他のミュージシャンのバックでギターを弾く柴山さんを観たことがないのですが、できるならもっと間近で、存分にギタープレイを見たいと思っています。
しかも、ふみさんは「生」ジュリエットの「生」エリザベス・リードの追憶、「生」ハイジをご覧になったということで、うらやましいというか、ちょっと妬けます。
大和田順一さんがボーカルということは、まさに1972年結成当初のオリジナルメンバーということになりますね。
「ハイジ」のギタープレイ、CDを手に入れてから、僕もせっせとコピーしているのですが、聴き込むほどに生での演奏が観たくなっています。

大沢誉志幸さんも、「SCRAP STORIES」まではよく聴いていて、その後も「Collage」や「ぼのぼの」の主題歌の「初恋」はお気に入りです。「まずいリズムでベルが鳴る」は名盤だと思うし(メンバーが凄いですよね)、「LIFE」の柴山さんのギター、カッコいいですよね。

ふみさん、これからもぜひよろしくお願いいたします。またいろいろと情報を教えて下さい。

投稿: tomi | 2006年12月 1日 (金) 09時36分

tomiさん、レスありがとうございます。
ジュリエットの再結成ライブ(?)は、ネットで偶然知ったのですが、確かその日は海老名でジュリーのコンサートがある日でした。柴山さんが本当に横須賀の方に出演するのかを、会場のお店に問い合わせた記憶があります。
柴山さんは海老名のコンサートが終わってから駆けつけるとのことでしたが、私は海老名は諦めて直接横須賀へ行きました。

下山淳さんやGraceさんにはオフィシャルサイトがありますが、柴山さんの情報は本当に少ないですね。ジュリーのコンサートには間違いなくいらっしゃいますけれど。
一度、大澤さんのライブで、絶対いると思っていた柴山さんがいなかったことがあります。勿論、大澤さんも大好きなのですが、柴山さん不在はかなりショックでした(私、地方在住なもので、飛行機で東京に行ってますから)よく調べないで行った自分が悪いんですが、私が「いないっ!」と思った瞬間、斜め向かいに座っていた男の子(という言い方は失礼かもしれませんが、かなりお若い方でした)が、「柴山和彦がいないっ!」と叫んでいました。あ、ここにも柴山ファンが……という感じでしたね。

大澤さんは、数年前に一度、引退宣言みたいなことをして表舞台から引っ込んでしまったことがあるんです。そんな大澤さんに、「そろそろまた何かやろうよ」と声をかけて、大澤さんが戻ってくるきっかけをつくったのが柴山さんだと聞いたことがあります(再スタートを機に「大沢」を「大澤」に変えたようです)
大澤ライブの柴山さんも素敵ですよ。

投稿: ふみ | 2006年12月 3日 (日) 22時55分

ふみさん、こんにちは。
またまた貴重な情報をありがとうございます。
確かに大沢誉志幸さんは大澤誉志幸に改名されていますね。
http://www.y-ohsawa.jp/second.html
カムバックのきっかけを作ったのが柴山氏だとは知りませんでした。でも人柄というか、にこやかに「またバリバリにロックしようよ」と語る柴山氏って、何か想像できますよね。

昨日は休日で、自宅でずっと音楽を聴いていました。大澤誉志幸氏のCDもいっぱい聴きました。「まずいリズムで~」はつくづくカッコいいアルバムだし、「LIFE」の「I'm not living~」にはこれまた「おーっ!」でした。久しぶりに聴くといろいろと再発見もあるんですね。
現在の活動では、ジャンルを越えたクロスオーバーミュージックを展開しているそうですが、KAZZもライブに参加しているなら、今後も目が離せませんね。マメにチェックして、次回第6弾に期待します。

投稿: tomi | 2006年12月 4日 (月) 10時52分

 「部族ライブ2007」
2007/10/20 (SAT)

CAST

狂乱の70年代、横須賀ドブ板が生んだ最強最後のバンド !!
【ジュリエット】
アルバム「YOKOSUKA BAY」をはじめ70年代ロックを演奏。
柴山 和彦 (G.Vo)、秋元 良一(B.Vo)、相良 宗男(Dr.Vo)
柴山 好正(G)、大和田 順一(Vo)、
ゲストプレーヤー 大山 泰 輝(key)

アフリカ⇒キューバ⇒日 本⇒横須賀へ !!
アフロ・キューバン・アンサンブル
【グルーポ・アチェ】
元, デープ・トラディションのボーカル
キューバ音楽の第一人者、竹内 信一 率いるユニット。

ジュリエットとグルーポ アチェのコラボも必聴必見です!

詳細は
http://members.jcom.home.ne.jp/akkun.0308/tribe/tribe-top.htm

投稿: ツチG@ | 2007年8月 7日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JULIETのアルバム「Yokosuka Bay」 | トップページ | 「酔いどれ関係」風のコード進行 »