« 芸能生活三十五年突破記念「明日は晴れる」 | トップページ | LOVE&PEACE »

2006年10月24日 (火)

「はりはり鍋」のはなし

そろそろお鍋のおいしい季節になってきました。
我が家の冬場における「お鍋」の頻度は、相撲部屋に次ぐといっても過言ではないほどです。
そういえば、ずっと前に「食わず嫌い」に出演したジュリー、おいしそうに「はりはり鍋」を食していましたね。苦手なのはカルビでした。

この「はりはり鍋」は僕も大好物でして、水菜の歯ざわりと鯨肉の歯ごたえが醤油ベースのダシとベストマッチで、お酒もすすみます。
ただ、育ち盛りの息子の腹を満たすには鯨肉は高価で・・・っていうときには、我が家では鶏肉を、表面に焦げ目がつくように炙ってから、鍋に入れます。ついでに長ネギの白いところもこんがりと焼いて、一緒に入れるのもいいでしょう。
水菜は煮すぎないように注意が必要です。生のままサラダにしても美味しい水菜は「歯ざわりが命」ですから。水菜も肉も長時間、鍋の中でぐつぐつ煮る必要もないので、ダシはやや濃い目がいいと思います。それに多めに七味をふりかけて、ふーふー、ハホハホしながら汗をかいて食べます。
鍋のお供は、ジュリーファンには有名な八丈島、坂下酒造の「黒潮」のロックがおすすめ。ROCK'N ROLL!

お腹が満たされたあとには、こんなデザートは?061023_21410001 エビスビールのゼリー、ビールの味もするし、フルーティーな甘みもあって、不思議な味がしました。このゼリーを食べたあとも、運転はダメです。

|

« 芸能生活三十五年突破記念「明日は晴れる」 | トップページ | LOVE&PEACE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芸能生活三十五年突破記念「明日は晴れる」 | トップページ | LOVE&PEACE »