« ロック名盤「"S/T/R/I/P/P/E/R"」① | トップページ | ロック名盤「"S/T/R/I/P/P/E/R"」③ »

2006年8月16日 (水)

ロック名盤「"S/T/R/I/P/P/E/R"」②

アルバム「S/T/R/I/P/P/E/R」は全曲アレンジが伊藤銀次です。前作の「G.S I LOVE YOU」からの起用なのですが、さすがロック博士という感じです。ソングライター、ギタリスト、アレンジャー、プロデューサーとして、多くの才能を発揮。前作の「G.S I LOVE YOU」の「彼女はデリケート」、「I'm in blue」、「Vanity Factory」や、この「S/T/R/I/P/P/E/R」の「BYE BYE HANDY LOVE」で、佐野元春のバージョンと聴き比べができます。伊藤銀次本人のアルバムも、キャッチーな曲が多くて、中学の頃にはまりました。

では1曲目から。
オーバーチュア。このインストは、この日本のロック名盤「S/T/R/I/P/P/E/R」の、そして強いては新生JULIE&EXOTICSの目眩くカッコいい活動の序曲です。ニューロマンティックの幕開けにふさわしい1曲。

2曲目ストリッパー。シングルは「ス・ト・リ・ッ・パー」と「・」が入りますが、このアルバムではシンプルにクレジットされています。イントロの12ビートのドラム、そしてアームダウンするギターリフ。お腹に響くベース進行。カッコいい以外ナニモノでもありません。ジュリーのメロディーメーカーとしてのセンスにも脱帽。
この曲がシングルカットされたとき、僕の周囲はちょっとした騒動でした。このタイトルは教育上よろしくないという風潮があり、加トちゃんの「ちょっとだけよ」どころのインパクトではなく、大人の前で聴くのがちょっとためらわれました。第二成長期をむかえた僕の想像力も強烈だったし・・・。数年後、大学生の頃に友人たちとふざけて、これも社会勉強のうちと実物を見に行きました。そこには踊り子さんの化粧と汗の匂いやライトの熱気など、古き良き昭和の匂いとでもいうのでしょうか、妖艶な華やかさに乱歩チックなテイストを感じ、舞台上での踊り子さんとの対話っていうか、キレイな人のパフォーマンスに見惚れたり、手拍子で盛り上がったりして、この曲の持つ色気について再認識させられた記憶があります。
「~すべてを脱ぎ捨てたらおいで♪」と指先で手招きするジュリーのあのポーズ、Gジャンの着こなし、EXOTICSのワイルドな動き、こんなカッコいいものがテレビで観れたあの時代に感謝。沢田研二のワン・アンド・オンリーっぷりが実感できます。

3曲目のBYE BYE HANDY LOVEは、前述のとおり佐野元春の曲で、シングル「SOMEDAY」のB面、アルバムでは「No Damage」または「SOMEDAY Collector's Edition」で聴くことができます。佐野元春のバージョンは「ビル・ヘイリーと彼のコメッツ」のような、サックスのイントロが印象的なロックンロール、そしてこのジュリーバージョンはロカビリーテイストの溢れるアレンジで、ジュリーのボーカルにも、バンドの演奏にも、疾走感を感じます。ビリー・ブレムナーのギターソロもGood。

4曲目そばにいたいは、懐かしい曲調のシンプルなロッカバラード。これもカッコいいですね。「オマエはBLUEMOON」のところの、7thコードに変わるところ、後半の「Please、Please」の小さなブレイクは鳥肌モノです。他の曲にも言えるのですが、3連のロッカバラードはジュリーの真骨頂だと思います。

5曲目のDIRTY WORKは強盗、車泥棒、そしてオマエを好きになった日にまた悪さをして撃たれてしまうONLY A FOOLな悪ガキの、ストーリー仕立てのロックンロール。ビリー・ブレムナーとポール・キャラックのコーラス、ビリー・ブレムナーのギターソロ、そしてEXOTICSの演奏とも、ロックンロールを良く知る人たちのツボを得た演奏ですが、特筆すべきはやはりロックンローラー沢田研二です。シャウト気味に歌うBメロのメリハリ、まるで僕的にはアルバム「ロックンロール」でスリッピン・アンド・スライディンを歌うジョン・レノンとダブります。

続く

keinatumegさんのブログで言っていた卓上カレンダーってコレですよね。

Kc350024 

060816_13320001_1

|

« ロック名盤「"S/T/R/I/P/P/E/R"」① | トップページ | ロック名盤「"S/T/R/I/P/P/E/R"」③ »

コメント

そうそう、これこれ!
懐かしいな~、よくお持ちでしたね。有難うございます。
ストリッパー、名盤ですよね。
前回もパブロックの事をかかれておられましたが、まさに立ち飲みのパブでのショーの幕開けのような、わざとチープな感じを狙ったと思われる「オーバーチュア」で始まりますよね。
実は私、パブロックといえば、DR.フィールグッドやイアン・デューリーが好きなんですが、ロックパイルはよく知らないのです・・。当時ジュリーがかなり入れ込んでいた、という話しを聞いたことがあるのですが。
このロンドン録音ではおクラ入りの「すべてはこの夜に」も録音されていたということですよね。
是非その辺りの未発表曲もまとめてリリースしてほしいものです。
私も銀次さんの当時のポリスター盤は毎回購入しておりました。(フラワーインザレインが収録されたアルバムぐらいまでですが)
ところで、パブロックといえば、コステロのアトラクションズのメンバーが参加した元春の「ナポレポン~」なんて如何ですか?
私の元春熱も少し醒めていた頃の作品ですが、この作品は実は凄い!と個人的に思っているのですが・・・

投稿: keinatumeg | 2006年8月16日 (水) 22時35分

keinatumegさん、さすが只者ではないですね~。ジュリー繋がりでパブロックの話ができるなんて、感激です。
ブルースやソウルが好きな僕は、ロックは英国なんです。モッズ系も好きだし、ブリティッシュ系のビートバンド、そしてパブロック。コステロを聴いてニック・ロウを知り、ロックパイルにたどりつきました。アルバムは「SECONDS OF PLEASURE 」しか知らないけど、名盤です。ぜひ聴いてみて下さい。

「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」、いいアルバムですね。僕はポエトリーはあまり好きじゃないのですが、叩きつけるように歌う「ナポレオン~」を聴いたとき、「おっ!?」と思いました。「とうとうやってくれた!」って。コステロと佐野元春、そのずっと前から何となく予感していたというか、ルックス(あのメガネやギターなんか)とか、意識していたっぽいし。

投稿: tomi | 2006年8月17日 (木) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロック名盤「"S/T/R/I/P/P/E/R"」②:

« ロック名盤「"S/T/R/I/P/P/E/R"」① | トップページ | ロック名盤「"S/T/R/I/P/P/E/R"」③ »