« リニューアル | トップページ | アルバム「第六感」 »

2006年8月 1日 (火)

夏におすすめのジュリーのアルバム

今日から8月、暑い日が続きますががんばっていきましょう。

夏嫌いの僕ですが、沢田研二といえば夏。「シーサイド・バウンド」から「遠い夏」まで夏向きの曲がたくさんありますね。
昔はよく「○○コレクション」とかいって、自分なりのテーマを決めて、カセットテープにダビングして、よく聴いたものです。
今でこそ、いろいろと便利なものが出ているので、そんな「マイ・ベスト」の編集もずいぶん楽になったと思うのですが、僕がそういうのに夢中だった頃は「レコード→カセットテープ」しかなく、カセットも46分テープだと短いし、90分だとすぐテープがダメになるので、60分テープによくダビングしました。(その後、50分とか、54分、78分などといろいろ出ましたが、あまり馴染みがないです)
カセットテープは仲間内でマクセル派、TDK派、ソニー派と分かれていました。ときには「100円テープ」っていう外国製のもあったのですが、テープもデッキも傷むっていうことで、敬遠していました。たまにそれにダビングを頼んでくる不心得者がいましたが、アポロンのテープも振ったらシャカシャカと同じような音がしていました。
僕はマクセル派、UDⅡを愛用していました。(よくマクセルのベルマークみたいなのを集めて、レタリングカードやインデックスカードを応募していました)また、インデックスカードは雑誌の付録をよく使っていたのですが、誰か分からないようなアイドルの写真つきのは、あまり気に入ってないテープ用でした。

僕の選ぶ夏におすすめのジュリーのアルバムベスト5といえば、

5位 第六感・・・「グランドクロス」の最初の1行にすごく風流を感じます。
4位 今度は華麗な宴にどうぞ・・・やっぱりダーリングのインパクトも強いし、「~どうやら夏のピエロになりそうだ♪」なアルバム。
3位 “S/T/R/I/P/P/E/R”・・・クレイジーなギターの音色がまさに夏。渚のラブレターバンドの音。
2位 A WONDERFUL TIME・・・全体にトロピカルなムードが漂って、涼しげな避暑地のアルバム。
1位 NON POLICY・・・スピーカーから蚊取り線香の匂いがするくらい夏のアルバム。

「サーモスタットな夏」はタイトルに「夏」がついているから、あえて除外しました。

|

« リニューアル | トップページ | アルバム「第六感」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏におすすめのジュリーのアルバム:

« リニューアル | トップページ | アルバム「第六感」 »